TEKLAおよびCSCソフトウェア製品: エンドユーザーソフトウェアライセンス契約

重要:  よくお読みください。 

本契約書が含まれるTEKLAおよびCSCソフトウェア製品、および電子的および印刷された文書(「ソフトウェア」と総称)は、著作権法とその他の知的財産権に関する法律および国際条約により保護されています。 本ソフトウェアまたは本ソフトフェアの一部を不正に複製、表示、改ざん、配布することは、民事および刑事責任の対象となることがあります。違反者は、最大限に責任を追及されます。 

本ソフトウェアを利用するには、次の2つの選択肢があります。

選択肢1:    

TEKLA CORPORATION(「TEKLA」)またはTEKLAの正規代理店との顧客注文およびソフトウェアライセンス契約(「COSLA」)に基づき本ソフトウェアの使用権を取得した場合、お客様はCOLSAの条件に拘束され、本ソフトウェアの使用にはその条件が適用されます。または、

選択肢2:    

TEKLAが提供するWebサービスからオンラインで本ソフトウェアを取得した場合は、下記に定義するエンドユーザーソフトウェアライセンス契約(「EULA」)の諸条件に従う場合にのみ本ソフトウェアを使用する権利がお客様に認められます。このEULAは、お客様個人、お客様が代表する法人または組織(「ユーザー」と総称)とTEKLA COPRORATIONの間で法的拘束力を有する合意を構成するものとします。 

本ソフトウェアの全部または一部、あるいは付随するいかなる文書のその他のダウンロード、インストール、アクセス、コピー、またはその他の使用は許可されません。また、かかる行為は、ソフトウェアと文書におけるTEKLA CORPORATIONの著作権およびその他の知的財産権に対する侵害となります。 

インストールの手順については、提供された文書を参照してください。 

選択肢2については、次の点に注意してください。

ユーザーは、本ソフトウェアの使用を開始する前に、独自のテストデータを使用して、本ソフトウェアの結果および動作の品質が満足のいくものであることを確認する責任を負うものとします。  Teklaは、ソフトウェアのネットワーク通信の一部またはすべての失敗、通信の損失、または通信の侵害に対して責任を負わないものとします。

[合意する]ボタンをクリックした場合、 (I)ユーザーは、TEKLAエンドユーザーソフトウェアライセンス契約(「EULA」)に記載された各条件を受け入れ、合意し、(II)本EULAを読了したことを認め、(III)さらに、本EULAに本ソフトウェアを使用する際の重要な義務および適用される制限事項が記載されていることを認めたことになります。  また、ユーザーは[合意する]ボタンをクリックすることにより、本ソフトウェアの正規ユーザーであること、ならびに本ソフトウェアのインストールが正当であり、本EULAに基づいて許可されたものであることを主張することにもなります。 これらの条件に合意できない場合は、必ず[キャンセル]ボタンをクリックしてください。

1    ソフトウェア定義およびライセンス条件の範囲

1.1    本エンドユーザーソフトウェアライセンス契約(「EULA」)で使用されている「ソフトウェア」という用語は、オブジェクトコード形式のTeklaソフトウェア製品の全体または一部、およびこれに関連する印刷された文書、オンライン文書、および/または電子的文書(以下「文書」)に加え、本EULAに従いTeklaからユーザーに対して適宜提供されるメンテナンスリリースを意味します。 「CSCソフトウェア」は、Teklaが「CSC」ブランドで発売および販売するソフトウェアを意味します。

1.2    本EULAで使用されている、該当する各ライセンスタイプの「ライセンス条件の範囲」について以下に示します。 各ライセンス条件の範囲の目的は次のとおりです。 
a)    「サブスクリプション期間」とは、ユーザーのライセンスサブスクリプション購入フォームに明記された、ライセンスサブスクリプションの有効期間を意味します。  
b)    「許諾地域」とは、ユーザーの住居または組織が存在する国を意味します。 
c)    「関連会社」とは、ユーザーによって管理される、またはユーザーと共通の管理下にある別の団体を意味します。この「管理」は、かかる団体の総会で示される過半数の票の権利を有する所有株式数であるか、または別の方法であるかにかかわらず、かかる管理権限が存続する期間中は、直接と間接を問わず、当該団体の取締役会の過半数の役員を指名または解任する権利、または同等の職能を実行する個人を通じて存在します。 

1.2.1    国内商用ライセンス
a)    ソフトウェアの用途:  ユーザーの許諾地域内における商業目的。
b)    ライセンス期間:  サブスクリプション期間が終了するまで。
c)    対象ユーザー:  ユーザー、および/またはユーザーの従業員、および/またはユーザーの関連会社の従業員(該当する場合)。

1.2.2    エンタープライズ商用ライセンス(CSCソフトウェアには適用されません)
a)    ソフトウェアの用途:  ユーザーおよびユーザーの関連会社の国内外における商業目的(該当する場合)。
b)    ライセンス期間:  サブスクリプション期間が終了するまで。
c)    対象ユーザー:  ユーザー、および/またはユーザーの従業員、および/またはユーザーの関連会社の従業員および専門職の顧問(該当する場合)。

1.2.3    教育または学習ライセンス
a)    ソフトウェアの用途:  ユーザーの許諾地域における教育上の目的のみ。 商業目的の使用は明示的に除外されます。
b)    ライセンス期間:  ライセンスが購入された暦年末まで。
c)    対象ユーザー:  ユーザーおよび/またはユーザーの登録済み生徒(該当する場合)。

1.2.4    評価ライセンス
a)    ソフトウェアの用途:  ユーザーの許諾地域における技術的/商業的評価またはデモンストレーションの目的のみ。 商業目的の使用は明示的に除外されます。 
b)    ライセンス期間:  30暦日間。
c)    対象ユーザー:  ユーザーおよび/またはユーザーの従業員(該当する場合)。

1.3    ユーザーはTeklaと契約を結び該当する料金を支払うことによって、サブスクリプションベースのライセンスを永続的ライセンス期間のライセンスで置き換えることができます。

2    ライセンスの付与

2.1    Teklaは本ソフトウェアを販売するのではなく、ライセンスを付与します。 該当するライセンス条件の範囲およびユーザーが本EULAの条件に従うことを前提として、Teklaは、文書に定められた最小構成要件を満たすワークステーション、端末、または他の電子的デバイス(「機器」)を含むコンピュータで、本ソフトウェアをダウンロード、インストール、使用、表示、および実行するために、非独占的、譲渡不能(ライセンス条件の範囲によって許可される範囲を除く)、およびサブライセンス不能のライセンス(「ライセンス」)をユーザーに付与します。 ユーザーが取得したライセンスごとに、本ソフトウェアの同時接続ユーザーが1名許可されます。

2.2    本契約は、現在または旧バージョンのソフトウェアに関して当事者間で以前に締結されたすべてのライセンス契約に優先し、現在効力を有する以前の契約条件が本契約の条件と矛盾する場合は、本契約をもって以前の条件を変更し、本契約に従うことに特別に合意するものとします。

2.3    本ソフトウェアとすべての特許権、著作権、およびその他の知的財産権は、Teklaおよびライセンサーに帰属するものとします(該当する場合)。

2.4    本ソフトウェアにはTeklaおよび/またはライセンサーの重要な企業秘密と機密情報が含まれており、文書によって明示的に許可されている場合を除き、次の行為は禁止されています。また、関連会社およびソフトウェアにアクセスするいかなる個人に対しても次の行為を禁止しなければなりません。 (i)第三者に本ソフトウェアの一部を開示する、(ii)第三者に本ソフトウェアの使用を許可する、または(iii)本ソフトウェアのコピーをユーザーまたはユーザーの関連会社の所有または管理を離れること。 

2.5    ユーザーまたは(ライセンス条件の範囲に従い)関連会社は、保管目的に限り、本ソフトウェアの妥当な数のバックアップコピーを作成できるものとします。 当該コピーはいかなる点でも、本諸条件に従うものとし、本ソフトウェアの一部を成すものとみなされます。 

2.6    第2.5項に従って作成された本ソフトウェアのすべてのコピーについて、Teklaが知的財産権の所有者であるという通知(著作権の通知などを含む)と、本ソフトウェアにTeklaの機密情報が含まれていることを明記した通知を必ず表示するものとします。  当該通知の形式または内容については、Teklaの指示に従うものとします。

2.7    ユーザーは以下の行為を行ってはならず、関連会社にもさせてはなりません。
a)    第2.5項に定めるものを除き、本ソフトウェアの全部または一部をコピーすること。
b)    本ソフトウェアの全部または一部を変更もしくは機能強化すること。または他のソフトウェアもしくは文書と統合すること。
c)    本ソフトウェアの譲渡(ライセンス条件の範囲に従う関連会社へ譲渡を除く)、配布、販売、リース、貸与、サブライセンス、課金その他の取り扱い、または担保とすること。第三者が同様の行為をできるようにすること。本ソフトウェアを使用してサービスビューロまたは同様のサービスを第三者に提供すること。
d)    本ソフトウェアの全部または一部を改造、変換、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、もしくは逆アセンブルすること。または、本ソフトウェアのソースコードにアクセスすること。
e)    仮想化または類似の技術を使用した複製によって本ソフトウェアを使用できるようにすること。
f)    本ソフトウェアを使用して別のソフトウェアを開発すること。ただし、本ソフトウェアのオープンAPI(「アプリケーション」)と連動するようプログラミングされたコンポーネントまたは実行可能ファイルを開発することは除きます。
g)    Teklaオンライン・サービスを介して許可されている場合を除き、ユーザーまたは関連会社がTeklaの開発者プログラムのメンバーでない場合に、第三者向けアプリケーションを開発すること。
h)    Teklaのいかなる商標、商号、ロゴタイプ、またはその他のシンボル、もしくは紛らわしいほど類似した商標、商号、またはシンボル、もしくは当該の商標、商号、またはシンボルを含むいかなるインターネットドメイン名を直接または間接的に登録する、または登録しようとすること。

2.8    本ソフトウェアの媒体およびライセンスキー(存在する場合)におけるリスクは、引き渡しの時点でユーザーに移転するものとします。  本ソフトウェアの媒体または本ソフトウェアがインストールされた機器が紛失または盗難に遭った場合、それについて必要以上の遅滞なくTeklaに通知するものとし、本ソフトウェアを使用するためのユーザーのライセンスは、バックアップコピーであるか別の手段であるかを問わず、本ソフトウェアの代替ライセンスキー(存在する場合)が配送されるまで停止されるものとします。 

2.9    いかなる方法で機器を廃棄する場合でも、廃棄前に機器から本ソフトウェアをアンインストールおよび削除するものとし、いかなる関連会社に対しても廃棄前に機器から本ソフトウェアをアンインストールおよび削除させるものとします。さらに、本ソフトウェアまたはそのいかなる部分も第三者の手に渡ることを防ぐために必要な他のあらゆる措置を講じるものとします。 この作業をを怠った場合は、本EULAの違反とみなされるものとします。

2.10    ユーザーは、(i)本ソフトウェアに関する機密保持義務の違反、(ii)本ソフトウェアにおけるTeklaの知的財産権の侵害(事実か脅威かは問わない)、または(iii)いかなる個人による本ソフトウェアの不正使用に気付いた場合は、Teklaに速やかにその旨を通知し、機密保持義務の違反や侵害に関連する訴訟または講じることができる措置に関して、Teklaに対しあらゆる妥当な支援を行うものとします。 

3    監査権

3.1    ユーザーが本EULAの条件を遵守していることを確認するために、Teklaはいつでも監査を実施したり、外部監査人を指名したりできます。 以下の第3.3項に従って監査が電子的に実施される場合を除き、Teklaは監査の5日以上前に通知します。 

3.2    監査に関連して、ユーザーは合理的な援助と協力を供与し、ユーザーと関連会社が本EULAを遵守していることを確認するために、必要な施設、システム、および資料にアクセスできるようにするものとします。 

3.3    前述の内容に影響を与えることなく、Teklaからユーザーへの事前の通知に従って、本ソフトウェアの監査機能を利用して電子的に監査を実施することもできます。

3.4    監査結果により、ユーザーまたは関連会社(該当する場合)がライセンスの条件を遵守していないと判断される場合、追加ライセンスの購入および支払いを行うか、それ以外の方法で、ユーザーはかかる不履行を即座に是正するものとします。この際、Teklaが利用できるいかなる権利行使および救済措置の実施に影響を与えることなく、ユーザーはTeklaに対して合理的な監査費用を補償するものとします。 

3.5    ユーザーは、Teklaが本第3項の権利を効果的に行使できるように、正確な明細書、文書、および記録を十分に詳細に保管し、また、これらを保管することを関連会社に要求するものとします。  

4    限定保証

4.1    Teklaは、引き渡しから90日間、文書に基づいて本ソフトウェアが実質的に動作することを保証します。 保証期間中、実質的に文書どおりに動作しないエラーまたは欠陥(「エラー」)が本ソフトウェアにあることをユーザーがTeklaに通知した場合は、TeklaはTeklaの裁量と費用で、エラーを回避するための指示またはメンテナンスリリースをユーザーに提供することによってエラーを修理します。

4.2    ユーザーは、適用料金を支払うことにより、Teklaからサポートおよびメンテナンスのサービスを購入できます。 当該サービスの内容と可用性については最新の文書を参照してください。 

4.3    正規の販売ルートからの購入または製品登録を証明するものがない限り、本EULAによって提供される制限された保証も、Teklaから提供されるいかなるサービスも利用できません。

5    知的財産権の侵害

5.1    ユーザーが本EULAに基づいて本ソフトウェアを使用したことにより、第三者の知的財産権が侵害された場合、または侵害されたとの申し立てを受けた場合、Tekla単独の裁量と費用で、Teklaは以下を実施できます。
a)    ユーザーのために本ソフトウェアの使用権をを確保する。または、
b)    権利侵害のあるソフトウェアまたは侵害部分に関して、同等の機能を有するソフトウェアと交換する。または、
c)    本EULAおよびライセンスを終了し、本ソフトウェアの全部または侵害部分に関して、ライセンス料金または差額をユーザーに返金する。

5.2    前述の第5.1項は、本ソフトウェアの使用に起因する第三者の知的財産権に対する実際または申し立てを受けた侵害に関して、Tekla単独の義務およびユーザー単独への独占的な救済措置を規定するものです。

6    終結

6.1    本EULAは、[合意する]ボタンをクリックするか、ユーザーが本EULAを読んだ上で本EULAに拘束されることに同意したことを他の方法によって示した時点で効力を生じます。また、本EULAは、本第6項の定めに従って失効前に終結しない限り、第1.2項に指定されたライセンス期間の満了まで効力を持ち続けます。

6.2    以下に定めるとおり、Teklaまたはユーザーのどちらかによって、本契約に基づいて許諾された本EULAおよびライセンスを即座に終結することができます。
a)    相手方当事者が本契約上の義務について大きく違反しており、その是正を求める書面による通知から30日以内に是正しなかった場合、または、
b)    相手方当事者が(i)清算した場合、(ii)破産または支払い不能の宣告を求める何らかの手続きが開始された場合、(iii)その資産に対する管財人が任命された場合、(iv)相手方当事者が共同経営者であるときに共同経営者のいずれかが破産宣告を受けたか、その債権者のために譲渡を行ったか、その他の方法で債権者との示談が成立した場合、(v)他の司法管轄区域で同様の措置または手続きを受けている場合、または(vi)相手方当事者が負債の支払い期限になっても概して弁済できなくなった場合。

6.3    本EULAに準拠したライセンスの条件に違反して本ソフトウェアを不正に使用することは、常に本EULAの重大な違反と見なされ、Teklaにはこの記載に従って許諾された本EULAおよびライセンスを即座に終結する権利が与えられます。 さらに、影響を受けた当事者は、第8.3項の定めに従って、本契約に基づいて許諾された本EULAおよびライセンスを終結することができます。

6.4    本EULAの終結は、当事者の発生済権利または当事者が利用できる他の救済措置を害されることはないものとします。 本EULAの終結に続き、ユーザーは即座にTeklaに対し本ソフトウェアおよびそのすべてのコピーを引き渡すものとします。または本ソフトウェアおよびそのすべてのコピーを削除し、削除したことを書面でTeklaに証明するものとします。

6.5    本EULAの終結は、明示または黙示を問わず、当該終結時に引き続き効力を持つ、本EULAのいかなる規定の有効性にも当該終了が影響を及ぼすことはないものとします。

7    責任の排除および制限 

TEKLAがユーザーに提供する唯一かつ排他的な保証であり、適用法令の強制的な規定に従う、第4項に記載されている内容を除き、本ソフトウェアは「現状のまま」提供され、Teklaは本ソフトウェアおよび文書に関して他に明示的な保証または表明を行いません。また、TEKLAは明示的、黙示的、法定にかかわらず、商品性および特定目的への適合性、または権利の非侵害性、または制定法または商習慣によって暗黙に定義される保証を含み(これらに限定されません)、いかなる保証も否認します。 特に、TEKLAは本ソフトウェアに関して以下の事項を保証しません。
a)    ユーザーが意図する本ソフトウェアの用途への適合性
b)    中断とエラーなく動作すること、TEKLAまたは第三者がいかなるエラーも修正すること、または本ソフトウェアに関するいかなるサポート要求も解決すること。
c)    文書に指定した以外のソフトウェア製品と連動すること、または 
d)    文書に明記した最小要件を満たすものを除くハードウェアまたはハードウェア構成で動作すること。
前述の事項はいずれも、準拠法の規定により除外、制限、または変更できない保証または条件の効果を制限するように作用しないものとします。

7.1    TEKLAは、以下を否認します。
a)    積極的行為によるものか、契約違反、不法行為(過失を含む)、損害賠償、または厳格責任に起因するものかにかかわらず、また、いずれかの当事者がかかる損害の可能性、存在、または性質について忠告を受けていたかどうかにかかわらず、収入の損失、利益の損失、生産の損失、データの損失、有用性の損失、あらゆる種類の偶発的、特殊、間接的、結果的損失と損害に関連する責任。
b)    核物質、宇宙、または飛行による放射能に起因するあらゆる種類の損害に対する責任。
c)    責任に関する見解にかかわらず、契約違反、不正行為(過失を含む)、損害賠償、厳格責任、その他のいずれに起因するかを問わず、ユーザーまたはユーザーの関連会社によって開発されたアプリケーションに起因または関連するあらゆる種類の損害への責任。

7.2    本EULAにおけるTEKLAの最大限の金銭的責任は、本契約に従ってユーザーが実際に支払ったライセンス料の総計に対応する金額を上限とし、これを超えないものとします。

7.3    本第7項は、いかなる理由による本契約の失効または終結の後も引き続き有効とします。

8    一般条項

8.1    遵守事項:
a)    ソフトウェアを運用する人員またはソフトウェアの運用を監視する人員は、適切な資格を有していること。
b)    本ソフトウェアによって設計したすべてのアイテムおよび本ソフトウェアによって実行したデータ処理を含む(これに限定されない)あらゆる計算の結果が正しく正確であることを検証およびテストすること、および適切な資格を有している人員、または必要に応じて有資格の土木技師/構造工学技術者がそれらの結果が正しいことを検証すること。 

8.2    ユーザーは、Teklaの明示的権限またはTeklaの指示による場合を除き、Tekla、Tekla BIMsight、Teklaのその他の商標、またはそのいかなる一部を、単独で使用するか、他のマーク、デバイス、またはそれに紛らわしく類似したマークと組み合わせて使用するかにかかわらず、使用しないことを保証するものとします。

8.3    本EULAの条件、有効性、履行は、フィンランドの法律に準拠し、これによって解釈されるものとします。本契約の当事者は、フィンランドの管轄権を有する裁判所の専属管轄権に服従することに合意します。 準拠法の規定により、本EULAまたは本EULAのいかなる規定であれ無効または執行不能とユーザーが判断する場合は、ユーザーは速やかにTeklaに通知するものとします。

8.4    本EULAのいかなる規定が、いかなる裁判所または管轄権を有する裁判所の行政機関により、無効または執行不能であると認められた場合、当該条項の無効性または執行不能性は、本諸条件のその他の条項に影響を与えないものとし、その無効性または執行不能性の影響を受けないすべての条項は効力を維持するものとします。 契約の当事者は、無効または執行不能な条項を、その経済的、法的、商業的目的を可能な限り満たす有効または執行可能な条項に置き換えるよう努めることに同意します。 当事者が前記の代替条項を見つけることができず、前記の無効または執行不能な条項によって、いずれかの当事者が当初想定されていた実質的な利点を得ることができなくなった場合、影響を受けた当事者は第6.3項に従って本EULAを解除する権利を有します。

8.5    本EULAまたは本EULAに基づくユーザーの権利および義務を譲渡、許諾、または再許諾した場合、該当するライセンス条件の範囲内で関連会社にソフトウェアを使用することを許可する権利は損なわれます。

8.6    Teklaおよびユーザーによる義務の履行遅延または不履行が、火災、ストライキ、騒乱、暴動、通商停止、供給品の調達不能、または、文民当局または軍当局による規制など、かかる当事者の支配力を超えた状況によるものである場合、Teklaおよびユーザーのいずれも、当該義務の履行遅延または不履行に対して責任を負わないものとします。

8.7    いずれかの当事者が本諸条件の条項の違反または不履行に対する権利を放棄しても、同じ条項または他の条項の以降の違反に対する権利放棄とは解釈されないものとし、いずれかの当事者が本契約で有する(または有する可能性のある)権利、権力、または権限の行使または利用に遅延または不作為があっても、相手方当事者による違反または不履行に対する権利放棄として作用しないものとします。

8.8    本EULAにおけるすべての通知、要求、指示、またはその他の文書は、料金前払い郵便、ファクシミリ送信、またはその他の電子的手段によって、受領側当事者の住所宛てに配達または送信するものとします。当該通知またはその他の文書は、宅配業者が配達した場合は配達の時点、郵送の場合は投函日から2日後に配達されたとみなすものとします。 ファクシミリまたはその他の電子的手段で送信されたすべての通知またはその他の文書は、送信者が電子受領応答を受け取り次第、受領されたとみなされます。

8.9    ユーザーは、本EULAを締結した結果としてユーザーが取得または受領した、Teklaの事業および業務に関するすべての情報について、(書面か口頭かを問わず)秘密を保持するものとします(「機密情報」)。さらに、ユーザーまたはユーザーの関連会社の従業員、代理店、および下請け契約者に対する厳格な必知事項を除き、ユーザーは当該機密情報をいかなる第三者にも開示せず、また、ユーザーの関連会社に開示させないようにしなければなりません。 前述の義務は以下の機密情報には適用されません。
a)    第8.8項の違反によるものではなく、すでに所有していた情報、または、
b)    第8.8項の違反によるものではなく、公知となっている情報。

8.10    前述の内容にもかかわらず、以下の場合に、法律、法令、または所轄官庁が発する命令に従って当該開示が必要であるときは機密情報を開示することが認められています。(i)機密情報のうち非常に必要とされる部分のみを開示し、(ii)公開される機密情報が機密であることを情報の受領者に通知し、また、必要に応じて当該受領者によって情報の機密が保持されるよう合理的な範囲の努力を行い、(iii)開示される情報、情報の受領者、情報を開示する義務が生じた状況を明確にして、機密情報の公開について速やかにTeklaに通知する場合。

8.11    ユーザーは、ユーザーおよび関連会社の従業員、代理店、下請け契約者によって、第8.8項の規定が遵守されるようにするために必要な措置を随時取るものとします。

8.12    本ソフトウェアおよび本ソフトウェアの一部は、通商停止および輸出制限が課せられることがあります。 ユーザーは、適用されるすべての通商停止および輸出制限に関する法規制、特に合衆国および欧州連合で実施される法規制を遵守するものとします。